Camino de Santiago -1

5/3 Day-00(移動)羽田 - パリ - ビアリッツ - (タクシー) - Bayonne泊

フライトはSkyscannerで予約した。往路:羽田 - パリ、復路:マドリード - 成田、往復ともに直行便で嬉しい。費用は116,390円。連休の直前予約でも安い便はあるようだ。


パリ、シャルルドゴール空港に到着(16:15)後、空港を出ずにフランス南西部のビアリッツへEasy jetで移動(19:30 - 20:55)。更に鉄道の走るBayonneまでタクシー(33ユーロ)。気温は14℃と寒い。


この日はなかなか効率の良い移動だったがパリ着が遅れたら…と考えると払い戻しの効かないEasy jet107ユーロ)とBayonneの宿泊代(38ユーロ)がパーになるので、綱渡り的でもあった。


Bayonne駅近くにBooking.comで予約したホテルはその名もHotel de la Gareで、通常のチェックイン時間に間に合わない旨を予め伝えておくと、ドアの暗証番号と部屋番号を事前に教えてくれた。


5/4 Day-01(移動)- (列車) - Saint-Jean-Pied-De-Port(ウォーキング開始)

Bayonne駅前広場

7:42発の列車に乗り、8:40 Saint-Jean-Pied-De-Port(サン・ジャン・ピエ・ド・ポー)へ。これも事前にネットで予約できた(5ユーロ)。


サン・ジャン・ピエ・ド・ポーはカミノ・デ・サンティアゴのフレンチルート(Camino Francés)の拠点で、巡礼事務所にてクレデンシャルをもらえる、というか2ユーロで買う。




クレデンシャルは言ってみりゃタダの、いや2ユーロのスタンプ帳だが、巡礼者であることを証明する役割があり、巡礼者専用のアルベルゲに格安で宿泊する際に提示する。


クレデンシャルをゲットしたら、巡礼者のシンボルであるホタテの貝殻をザックに付けて出発だ。駅に着いたのが8:40だったが、手続きをして出発したのが9時ちょうどだった。日本を出発した翌朝にもう歩き出せるとは素晴らしい。


理想としては、パリからは列車で移動し、ボルドーに寄ってからBayonne入りしたかった。今回は25日間の旅程であり、日本の常識から見ればかなり長期である。しかし、フレンチルートはひと月以上かけて歩くのが普通らしく、移動も含めて25日だと余計なことをする暇がない。


当初の計画はこうだ。フレンチルートは約800km、一日40㎞歩けば20日。移動に4日(往路1日+α、マドリードへ1日、帰国便で2日)かかり、全工程で25日だから予備日1日。天候に恵まれ、体調を維持し、運が良ければゴールまで行けそうだ、という感覚である。


ともあれ、幸先よく出発した。



5/4 Day-01  25.3km 5h20m - Roncesvalles


サン・ジャン・ピエ・ド・ポーの街並み

サン・ジャン・ピエ・ド・ポーを発った時、気温は14℃と涼しかったが天気は良い。ここからは国境の山を越えなくてはならず、1日目からアップダウンが激しいルートだ。

アルプスともUKともどこか違う景色


出発時は14℃だった気温は陽気の登りでどんどん高くなるが、国境付近では7℃まで下がった。

フランス - スペイン国境付近

スペイン突入


国境を越えると明るい緑が広がっていた。下りは速く、あっさりとアルベルゲ(巡礼者用のドミトリー)へ。食事はバルで食べたり、アルベルゲの巡礼者用メニューなど。たいてい、宿泊も食事も各々10-12ユーロくらいだ。

皆でテーブルを囲んで食べる事が多い


5/5 Day-02  42.9km (68.2 total) 9h00m - Pamplona

5:30 起床するも外は真っ暗なのでゆっくり支度して、6:30出発。風が強く、寒い。この日は40km超である事もあり、小走りで進む。ほどなく日の出を迎えるも、雲に隠れがちで気温は上昇しない。手元の温度計を何度か確認したが、最低は3℃だった。前日の国境越えよりも寒い。



正午になって、ようやくジャケットを脱ぐ事ができた。陽が当たっていると暖かく、日陰に入ると涼しい。袖なしと長袖のウィンドブレーカーを何度も交換して時間を浪費する。



起伏の多い田舎道は変化に富んで面白い。はるかな丘陵地を眺めながら人気の無い森を抜けたり、小さな集落で果物を買ったり、庭先で日向ぼっこをしているおばあちゃんに挨拶したりしながらひたすら歩く。



ちょうど9時間歩いたところで、大きな街パンプローナに到着した。


ここは牛追い祭りで有名な街だったようだ。なんかニュースで見たことある。



ここでSIMカードをゲット。電話もデータ通信もできるようになって一安心。

せっかく大きな街に来たのだからレストランで食事しようと思っていたのだが、ついバルに入ってしまう。そしてピンチョス(小さいつまみ)やらタパス(一皿料理)やら頼み、テレビでリーガ・エスパニョーラなど見ているうちに夜は更けてゆく・・・



5/6 Day-03  37.9km (106.1) 8h50m - Lorca

朝は寒かったが徐々に気温が上がり、暑くなった。ウィンドブレーカーは無用だが日差しが強いのでシャツは半袖の上に長袖を着たまま。この後、どんなに暑くても長袖は脱がなかった。




野を越え丘を越え、道は続く。こんな道ならいつまでも歩いていたいと思う。




道端に咲くポピーと、青々した小麦畑が特徴的だ。





今回は毎日宿泊施設に泊まるので、余計なものは持たずに水750mLを含む5kgの軽量装備で望んだ。



新調した5本指の靴下が靴に合わず、途中の街で薄手の靴下を購入、その場で履く。これが当たりだった。



建物をくぐって進む箇所も。日差しが強いので完全防備。


5/7 Day-04  32.9km (139.0) 7h00m - Los Arcos

5/8 Day-05  26.1km (165.1) 7h25m - Logroño


曇りがちな日はとても楽だ。


Lorcaから歩き出し、しばらく進むとワイナリーが。



人だかりを覗き込むと、何とワインが無料配布されている・・・!


いくらワイン好きとはいえ、朝っぱらから飲む気はせずにスルー



小さな村と、



野山や畑をつなぐようにして道は続く。



ブドウ畑が目立ってきた。このブドウは腰の高さほどしかない。



ここのところ、運動不足の不摂生な生活から急に歩き出したものだから両脚が悲鳴を上げ、ふくらはぎの上部が痛い。5日目は俺の誕生日でもあるのでゆっくり26kmを歩いてLogroñoへ。大きな街でホテルが選べるので個室を借りて泊まった。




5/9 Day-06  35.5km (200.6) 7h55m - Azofra


5/10 Day-07  39.0km (239.6) 8h20m - Belorado


ブドウ畑と小麦畑のあるゆったりとした丘陵地帯をのんびりと歩く。


暖かいと涼しい、の間くらいの贅沢な気候の下、ただ静かに変わってゆく景色を見つめながら歩くのは最高のウォーキングだ。



原野のトレッキングと違い、テントや食料を持っていないから軽いのがいい。



ときどき忘れそうになるが、この道はカソリックの巡礼地だから町々に教会があり、ランドマークとなっている。



Beloradoのアルベルゲで。ローカット気味の軽いシューズが多い。




5/11 Day-08  50.9km (290.5) 11h30m - Burgos


Beroladoを発つと・・・ 雨!? 合羽を着ても音がしないくらいの霧雨だがこの旅で初めて降られた。


そして結構な丘陵を越えるから寒い。出発時12℃だった気温が8℃まで下がる。ジャケットとレインウェアを着ても寒い・・・ スペインて暑いイメージしかなかったんだけどなぁ。。


と、丘を下り始めると晴れてきた。良かった良かったと思っていると完全な陽気に。



服もすぐに乾いて気持ちい~




と、調子に乗っていたのか道を間違えて宿泊予定地を通り過ぎてBurgosまで歩くハメに・・・




50kmも歩くと足が攣ることを知った... orz


190503-27_カミーノ・デ・サンティアゴ

5月に急に休みが取れた。

“may” / “best season”,  などとググると“Spain”がいっぱい出てきた。じゃスペインに行こっと、となる。

最初、自転車とテントを持って放浪でもしようかと思ったのだが、調査・準備する時間がない。でもフツーの観光もなぁ…と思っていると長いウォーキングができることを知った。

スペインの北西部にSantiago de Compostela というカソリックの聖地がある。ここへ向かう巡礼路を Camino de Santiago というらしい。こうしたルートは、ポルトガルの道、北の道、などと色々あるのだが、全く下調べをする時間がなかったので一番メジャーらしい「フランスの道」というのにした。

エアチケットを買った時点で出発まで一週間を切っており、その間に引っ越ししたりしていつにも増してドタバタだった。

連休中の5月3日、羽田からパリへ出発した。以下、5月27日に帰国するまでの25日間の行程である。

Day-00(移動)羽田 - パリ - ビアリッツ - (タクシー) - Bayonne泊
Day-01(移動)- (列車) - Saint-Jean-Pied-De-Port(ウォーキング開始)
Day-01  25.3km 5h20m - Roncesvalles(これ以降スペイン)
Day-02  42.9km (68.2 total) 9h00m - Pamplona
Day-03  37.9km (106.1) 8h50m - Lorca
Day-04  32.9km (139.0) 7h00m - Los Arcos
Day-05  26.1km (165.1) 7h25m - Logroño (I)
Day-06  35.5km (200.6) 7h55m - Azofra
Day-07  39.0km (239.6) 8h20m - Belorado
Day-08  50.9km (290.5) 11h30m - Burgos (I)
Day-09  41.7km (332.2) 9h10m - Castrojeriz
Day-10  39.3km (371.5) 8h30m - Villalcázar De Sirga
Day-11  36.5km (408.0) 8h45m - Moratinos
Day-12  41.1km (449.1) 8h55m - Reliegos
Day-13  25.5km (474.6) 6h00m - León (I)
Day-14  38.3km (512.9) 9h40m - Santibáñez de Valdeiglesias
Day-15  32.8km (545.7) 7h35m - Rabanal del Camino
Day-16  33.1km (578.8) 8h00m - Ponferrada (I)
Day-17  39.6km (618.4) 9h05m - Ambasmestas
Day-18  34.7km (653.1) 9h10m - Triacastela
Day-19  48.3km (701.4) 9h45m - Portomarín
Day-20  25.4km (726.8) 5h55m - Palas de Rei
Day-21  41.2km (768.0) 9h20m - Salceda
Day-22  28.0km (796.0) 6h30m - Santiago de Compostela (I)
Day-23(移動) - (タクシー) - 空港 - マドリード - (フライト)
Day-24(移動) - 成田

代替ルートとかもあり、距離は出典によりかなり異なるので適当。歩いていて、標記と明らかに違うな、と感じたこともあった。

*(I) は、個室に泊まった場所。その他は全て10ユーロ程度のアルベルゲ(ドミトリーの簡易宿)
距離の出典:https://godesalco.com/plan/frances

190316-0414_Nagpur_India 2

またナグプールにやってきた。

前回1か月。今回も1か月と、割と十分な期間いたのだが仕事以外の思い出がほとんどない。

この地域はインド中央のデカン高原に乗っかっており、国立公園ではベンガルタイガーが見られるらしい。


ナグプールはインドのど真ん中にあり、中心を示す碑(上図右上)が唯一の観光スポット(?)となっている。

とにかく特徴のない街で、絵葉書もないから自作を余儀なくされた(それが↑)。

まあ観光に行く人もいないだろうから何の参考にもならなくていいのである。

190315Fri_六ッ石山

花粉舞い飛ぶ奥多摩へやってきた。


この日はT師匠の提案により、ハンノキ尾根から六ッ石山へアプローチ。


途中からは高水三山方面が見えたが、全体的にはあまり眺望は良くなかった。サクサク落ち葉の雰囲気はとても良かったけど。


 ハンノキ尾根は確かに踏み跡が錯綜して分かりにくい箇所もあったが、バリエーションという程ではなかった。少なくとも読図の必要は無い。


新宿の会社から見た石尾根は白かったが、頂上付近にしか積雪はなかった。


しかし何故こんな山名なのかと前から思っていたが…


岩々した中に小さなお宮を見つけた。地図にある六ッ石神社(?)はこれだろうか。

時間に余裕があったので石尾根を北に外れ、山ノ神尾根を下ることに。


こちらは完全にバリエーションで、読図が必要。


尾根上に崖マークがあったが、↓こんな感じで危険ではなかった。


いやぁ 順調ですなぁ、と気を抜いた途端に尾根を間違えたりしつつも無事に日原街道へ下山。丁度良いバスがなかったので駅まで歩いた。

平日でこんなルートだから誰にも会わなかったな…

反省会は拝島で一番混み合うあの店で!